当院のご案内

当院のご案内

当院の診療の方針は、現代医学と漢方医学の力を合わせて最高の医療を患者さんに提供することです。

当院の現代医学の守備範囲としては、一般内科、循環器科、消化器科、呼吸器科、神経内科、糖尿病などの慢性疾患、膠原病・アレルギー疾患、一般小児科疾患です。

院長の経歴からもご理解いただけると思いますが、横浜市立大学第2内科、循環器内科在職時、心臓病、循環器疾患、特に不整脈の研究を行い、東京大学大学院医学研究科生体防御機能学講座(主任・丁宗鉄助教授)においては、動脈硬化と漢方の研究、東大病院内科で漢方診療を行いました。この動脈硬化の研究で、横浜市立大学より医学博士の学位を授与されました。また、横浜南共済病院内科において、消化器内視鏡、呼吸器内視鏡など循環器以外の内科診療も担当しました。

当院は漢方専門の医院で、日本でも数少ない漢方の煎じ薬を処方できる施設です。基本的に健康保険で漢方薬を処方しております。もちろん、漢方薬の粉薬(エキス製剤)や現代医学の薬を処方も可能であり、場合によっては、漢方薬と現代医学の薬を併用しています。

漢方医学については、あらゆる疾患、難病を治療しております。当院に来院される患者さんの病気としては【頭痛】【肝炎】【アトピー性皮膚炎】【腎炎】【癌(がん)】【気管支喘息】【不妊症】などが多い患者です。とくに【ガン】の治療には力点をおいて対応しており、ガン・難病の漢方治療を専門的にライフワークとして研究しております。ガンの漢方を中心とした組み合わせ療法、養成法を指導しています。悪性度の高いガンに対しても長期生存例の治療経験を有しております。

新型コロナウイルス感染症後遺症と漢方治療について

最近、徐々に新型コロナウイルス感染症の後遺症で苦しむ方が来院するようになりました。だるさ、咳、息苦しさ、味覚嗅覚障害、不眠、記憶障害、集中力の低下、様々な精神 神経症状を訴える患者さんが来院されます。これらの後遺症に対して漢方治療を希望される方が多く、様々な漢方薬を処方しています。だるさ、味覚嗅覚障害、記憶障害、集中力の低下に対しては、人参の配合された補中益気湯、六君子湯、四君子湯、十全大補湯を、咳、息苦しさには、麦門冬湯、小青竜湯を、不眠に対しては酸棗仁湯、加味帰脾湯などを処方いたします。全般的には、人参や黄耆の入った補剤という薬を用いることが多いです。患者さんはすでに、現代医学の治療を受けている方が多く、現在の治療に満足できない方が漢方を求めて来院されます。漢方医学は急性の新型コロナウイルス感染症に対しては効果があるという証拠はありませんが、新型コロナウイルス感染症後遺症に対しては有効 性を示唆する薬が多く存在します。後遺症で苦しむ患者さんのために力を尽くしたいと考えております。